So-net無料ブログ作成
検索選択

大草原の小さな家ローラの本をもらった [日々の思い]

毎年この時期になると近くにある図書館で、

リサイクル市という事で、古くなった本など

多数 並べられ それが頂けるのです。

どういった基準があるのかは

私には分かりませんが、毎年覗いています。



今年は「遥かなる大草原」と、

「ローラ&ローズ」に目を惹かれ頂いてきました。


image.jpeg



大草原の小さな家シリーズは、

世界中で話題になったお話ですね。



数年前に母がDVDのセットを買ったので、

勧められて夢中で観たものです。


大草原の小さな家 DVDコンプリートBOX

新品価格
¥17,815から
(2017/6/29 09:07時点)





本も読めるだけ読みましたよ。


作者のローラ・インガルスは、1867年生まれ。



そんなローラが育った西部開拓時代の

アメリカ(1870年代から1880年代にかけて)

を舞台にしているお話です。




インガルス一家は、

お父さんとお母さんの仲が良くて、

大自然の中で様々な困難にぶつかるけど、

みんなで助け合って生きていくんですよね。



ウィスコンシン州―カンザス州―

ミネソタ州―サウスダコタ州と

移り住む様子が、今の時代では

なかなか想像できないけども、

とても惹き込まれる お話なのです。



ローラが生まれた時に 日本はというと、

将軍 徳川慶喜が 朝廷に政権を返還した

大政奉還という歴史的な時代です。




そんな時代に、夫婦仲良く 愛しているよと

囁き 共に生きるアメリカは すごい。


日本と違いすぎるね。


スポンサードリンク





本を読むのは久しぶりですが、

休みの日には 体を休めながら

静かに読書もいいものです。



スポンサードリンク






にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へにほんブログ村

人気ブログランキングへ


共通テーマ:日記・雑感
パート主婦ホテル客室のお掃除体験記